ものづくりの現場から。
 

創業昭和22年の私たち黒木織物は糸島半島の入口に位置する福岡市西区に工房を構えており

海の隣接するのんびりとしたこの地で先染めの絹織物である博多織を代々作ってまいりました。

今日もここでものづくりをしています。

 





 






手作業の技を。

 

自動織機による製造はスイッチを入れた途端に同じ物が大量にできるようなイメージかもしれません。

しかしながら実際には極細の絹糸を主原料として商品を作っているため熟練の人の手がかかせず

常に機(はた)と糸のコンディションを調整しながら一本一本の帯を織り上げていきます。

また工房では染色以外の行程を一貫生産しており、各作業に専任のスタッフが就いています。

現在では20代〜40代のスタッフも増え、産地の未来を見据えた技術者の育成にも力を入れています。

 













柔軟な発想で。


日本人が日常的に着ていた着物はいつしか特別な”衣装”となってしまいました。

昔のように日常着とは言わないまでもオシャレを楽しみたいとき選択の一つに

入れていただけるような”楽しい”商品を柔軟な発想で作っていきたいと考えています。






 







適価でお届け。


私たちの作る商品は一般に価格が分かりにくいと言われます。それは他業種と比べても

複雑な流通が起因していたり、多くのメーカーが小売希望価格を定めない業者間の

取引を主としていたりと理由は様々ですが、実際に商品をお使いいただく皆様にとって

最終価格が不明瞭であることは私たちの望むところではありません。

長く愛されるために、長くものづくりを続けるために”良いものを適正価格”でお届けできるよう

チャレンジしていきます。







 

 

 

About the owner

株式会社 黒木織物

商品には博多織工業組合発行の証紙を貼付しております。織元名(製造元名)をお確かめいただき類似品にご注意ください。 www.hakata-origin.com

Top