歴史




嘉禎元年(1235年)、33歳の満田弥三右衛門は聖一国師(圓爾辯圓)の随行者として、
博多網首であった謝国明の船で南宋、明州へ向け博多の津を出港します。

その後、宋に6年間滞在し、明州および臨安府などで「織物」・「朱」・「素麺」
「箔」・「香丸」の5つの製法を取得し、仁治(1241年)に聖一国師と共に
博多の津に帰ります。

博多に戻った弥三右衛門はこれらの製法を満田家の一族に伝えますが、その内の
「織物」と「朱」の2つに関しては家伝家業と定めました。

弥三右衛門が「織物」を家伝と定めた理由は、非常に高度な技術を要する広東織の
秘伝を習得していたためであり、永遠に色褪せないといわれる「朱」は、当時において
金よりも高価であったといわれ、朱墨や朱肉などの最新の製造方法を学び、家伝として
子孫に伝えたとあります。

これらの歴史的な観点から博多織工業組合では満田弥三右衛門を「博多織始祖」と定め、
弥三右衛門が織物の技術を博多の津へ持ち帰った1241年を博多織の起こりとしています。





 

技法




博多織は先染め(もしくは先練り)の糸を原料とし、細い経糸をふんだんに使用して、
太い緯糸を力強く筬にて打ち込みながら主に経糸を浮かせて柄を織り出すのが特徴。

糸密度の高い織物で、その生地は厚みと張りがあり、”締めたら緩まない”という事で
古くは重たい刀を差す武士の帯として重宝されてきました。

また、新しい時代を迎え、女性用の帯をたくさん製造するようになってからも
その生地風や特性が生かされています。




*博多織工業組合の証紙。メーカー名と品質表示で一対です。
 ぜひお確かめいただき類似品にご注意ください。






 

献上 博多織




慶長5年(1600年)、黒田長政が筑前を占領、筑前藩主となってからは博多織を
江戸幕府(将軍家)への献上品として選び、毎年3月には着尺や帯を献上し、
これらの品々を”定格献上”と名付けると同時に織元を12戸に制限し「織屋株」と
称する特権を与え、保護という名のもとで統制を行い献上帯の風格と価値を
守っていく事となります。


・献上柄について

献上柄とは仏具である「独鈷」と「華皿」を図案化し結合紋様としたものに
「親子縞」、「孝行縞」と呼ばれる縞を配したもので、幕府への献上品として
定められた事により「献上博多織」の名が生まれました。

【独鈷】  : 煩悩を打ち砕くとされる仏具・法器。
【華皿】  : 仏の供養の際、散布する花を入れる皿。
【親子縞】: 太い縞が細い縞を挟むように配された縞で「親が子を守る」の意。
【孝行縞】: 細い縞が太い縞を挟むように配された縞で「子が親を慕う」の意。


About the owner

株式会社 黒木織物

商品には博多織工業組合発行の証紙を貼付しております。織元名(製造元名)をお確かめいただき類似品にご注意ください。 www.hakata-origin.com

Top